シタビラメコラーゲン

これが “魚の女王” の実力!

シタビラメは、ヨーロッパでその美味しさから “魚の女王”と呼ばれる高級魚です。
シタビラメ(舌平目)の名前の由来は、形が牛の舌や犬の舌に似ていることからきており、目のすぐ横に口があるのも特徴のひとつです。
シタビラメコラーゲンの原料はカレイ目ウシノシタ科に属し、北海道南部以南、インド洋、太平洋、大西洋に広く分布し、主に浅海から大陸棚斜面までの砂泥底に生息、ゴカイ類や小型のエビ・カニ類を食しています。

シタビラメはコラーゲンを多く含み、料理でも多く使われています。中でもシタビラメのバター焼きやムニエルは高級料理として有名です。

このシタビラメより抽出されたコラーゲンには、保湿効果が期待されます。

【コラーゲン】
コラーゲンはタンパク質の一種であり、タンパク質は人間の体をつくるのに不可欠な栄養素です。
人間の体は約60%が水分、その次に多いのがタンパク質で約20%を占め、そのうちのコラーゲンの占める割合は30%にも及びます。
コラーゲンは細胞と細胞とをつなぐ体の基盤であり、あらゆる生命の母といえます。
コラーゲンがもっとも多い組織は皮膚であり、次に多いのは骨や軟骨です。
加齢によってコラーゲン量は減っていき、質が悪くなることも近年の研究でわかってきました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘチマエキス

  2. ナチュラル素材でエコ洗浄!

  3. マンダリンクリア(マンダリンオレンジ果皮エキス)

  4. 営実(エイジツ)

  5. 茵蔯蒿(インチンコウ・カワラヨモギ)

  6. プロテオグリカン(サケ鼻軟骨)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。