サクラエキス(桜)

【桜と日本人】
桜は菊と共に日本の国花に選ばれており、「花といえば桜」と言われるほど、古くから日本人に親しまれ、日本を代表する花として世界中で知られています。

桜の歴史は古く、平安時代以前から山桜を鑑賞していたとされています。持統天皇が花見のために桜の名所である吉野山を訪れたことが日本書紀に記載され、また、日本最古の史書である古事記にも桜に関する記述を見ることができます。花見の習慣は平安時代に野生の桜を都に移して鑑賞したことや、御所内に桜を植え、宴を催したことが始まりと考えられています。その後、江戸時代までには貴族から武士や庶民へ、都から地方へと広まっていきました。
江戸時代後期には品種改良により多くの桜が生まれ、今では桜の代名詞となったソメイヨシノもこの頃に誕生しました。ソメイヨシノは元々吉野桜という名でしたが、奈良の吉野山に咲く山桜と区別するために、植栽が始められた染井村の地名を加え、染井吉野と呼ばれるようになりました。

日本人にとって春は変化の季節であり、人生の様々な節目の春という季節に咲いていた花が桜なのです。
桜咲く風景は、一年の始まりや新たな門出の思い出と重なって、多くの日本人の心に深く刻まれているのではないでしょうか。

日本のサクラには、10種類ほどの自然種を基本として、数百種の野生品種や栽培品種があるとされています。
樹皮は桜皮と呼ばれ、日本の民間薬として解毒、鎮咳薬、去痰剤、腫れ物、蕁麻疹などに利用されています。また、花は塩漬にし桜湯として祝い事に、葉は桜餅を包むのに利用されてきました。

サクラの葉にはイソフラボンのプルネチン、フラボノイドなどが含まれています。
化粧品の原料ではソメイヨシノの葉が使われ、肌荒れ改善、抗炎症、美白作用が報告されています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ダイズエキス(フラボステロン)

  2. ヘチマエキス

  3. カミツレ花エキス(カミツレエキス)

  4. 営実(エイジツ)

  5. キュアパッション(クダモノトケイソウ果実エキス(パッションフルーツ))

  6. 鬱金(ウコン)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。