黄金(オウゴン)

オウゴンは、コガネバナの根の周皮を除き乾燥したものです。和名のコガネバナは、根の色が黄金色をしているところから名付けられたといいます。
オウゴンは漢方処方に配合されている重要な生薬のひとつで、漢方では消炎、充血、発熱を伴う頭痛、腹痛、嘔吐、下痢、胃炎、腸炎などに応用されています。

化粧品原料としては、環境ストレスによるAhR-CYPシグナルを抑制し、皮膚の老化を防ぐ効果が期待できます。
そのほか、SOD様作用、抗炎症作用、美白作用、光加齢防止作用なども報告されています。

【環境ストレスによる肌の老化とは?】
タ バコの煙、自動車の排ガス、工場の排煙などの環境ストレスは、アリール炭化水素受容体(AhR)を活性化し、異物代謝に関わる酵素CYP1B1の発現を誘 導します。また、AhR-CYPシグナルの活性化はマトリックス分解酵素MMP-1の発現を誘導し、皮膚を老化へと導きます。

関連記事

  1. 黄檗(オウバク)

  2. キュアパッション(クダモノトケイソウ果実エキス(パッションフルーツ))

  3. 鬱金(ウコン)

  4. サクラエキス(桜)

  5. カミツレ花エキス(カミツレエキス)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。