延命草(エンメイソウ)

弘法大師が山中で腹痛に苦しむ旅人をこの草のしぼり汁で救ったところから、起死回生の妙薬として「延命草」「ヒキオコシ」と呼ばれるようになったという言い伝えがあります。
現在でも、消化不良、食欲不振、腹痛などに民間薬として用いられています。
延命草には、enmein,nodosin,oridonin等のジテルペン系苦味成分が多く含まれており、これらが延命草の抗腫瘍作用、抗突然変異作用の活性成分であることが報告されています。

化粧品では、抗炎症効果が期待されています。

関連記事

  1. 紫蘇(シソ)

  2. 桜(サクラ)

  3. 紫根(シコン)

  4. ユズ

  5. タイソウ(ナツメ果実)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。