甘茶蔓(アマチャヅル)

アマチャヅルは多年生のつる草で、葉に甘みがあることが名前の由来です。日本や中国、東南アジアに広く分布し、中国では七葉胆(しちようたん)という名で古くから薬草として使用され、消炎解毒、咳止め、去痰に効果があるとされ、健康茶としても利用されています。

アマチャヅルエキスは、細胞に存在する水の通り道「アクアポリン」の産生を促し、細胞の内部に水をめぐらせ潤いにあふれる肌へ導くと共に、角化等の皮膚本来の機能を回復させる効果が期待できます。

関連記事

  1. 黄連(オウレン)

  2. マンダリンクリア(マンダリンオレンジ果皮エキス)

  3. アルピニア・カツマダイ種子エキス

  4. ダイズエキス(フラボステロン)

  5. シタビラメコラーゲン

  6. 茵蔯蒿(インチンコウ・カワラヨモギ)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。