美容成分.comは化粧品業界に従事する方向けの情報サイトです。
  • 美容成分.com
  • 化粧品基礎知識
  • 売れ筋美容成分
  • 素材別美容成分
  • お悩み別美容成分
  • アイテム別美容成分
  • 原産地別美容成分
美容成分.comへの お問い合わせ  

成分一覧から調べる

気になる成分を選択してください
 
 
美容成分.comへの お問い合わせ
お悩み別美容成分

敏感肌に最適な美容成分

   
 皮膚に接触する化粧品、紫外線などいろいろな刺激に対して、敏感に反応するかぶれやすい肌のことを敏感肌といいます。特に季節の変わり目や生理前などの体調の変化に伴って一時的に敏感状態になることもあります。その際には、十分な保湿・保護対策や、乾燥対策、紫外線対策を行い、外部の刺激から肌を守る必要があります。 
   

<敏感肌対策とメカニズム>
低刺激

   
 

敏感肌対策

①水分損失抑制
体内から水分が失われることを抑える作用です。
体内から角層を通じ、無自覚に蒸散する水分量を経表皮水分蒸散量(transepidermal water loss)といい、皮膚のバリア機能を反映する指標として用いられます。
②NMF産生促進
NMF(天然保湿因子)の産生を促進させる作用です。
NMF(Natural Moisturizing Factor)は、天然保湿因子(または、自然保湿因子)といい、皮膚にある保湿成分です。主な成分は、アミノ酸類、ピロリドンカルボン酸(およびその塩)、尿素、ミネラル塩類、有機酸(およびその塩)などです。
③角層はく離正常化
角質のはく離を正常化します。
角化が不十分な状態を角化不全といい、バリア機能が低下している肌にみられます。細胞が規則正しく並び、多重層にはく離しない状態へ正常化することで、角化不全が改善していると考えられます。
④角質細胞成熟
角質細胞の成熟化を促します。
角化不全(角化が不十分な状態)の細胞は未成熟な状態です。未成熟な状態では、角質層において細胞の接着因子と考えられる微絨毛(びじゅうもう)様突起の残存、またインボルクリンやCE(コーニファイドエンベロープ)と呼ばれるタンパク質の減少がみられます。
⑤NF-κB阻害
NF-κB(Nuclear Factor-kappa B)の過剰な活性を抑えます。
NF-κBは、「転写因子」のひとつで、遺伝子の機能を発現させる “鍵”となります。遺伝子が必要となる場所や量、そしてその機能においてのみNF-κBがロックを解除しますが、炎症など細胞が異常な状態に陥ると、NF-κBが過剰に活性化され、必要のない遺伝子までもが発現してしまいます。遺伝子の過剰発現は、リウマチや乾癬など様々な症状につながることが報告されています。
⑥抗炎症
赤くなる、腫れ上がるなどの炎症を抑える作用です。
⑦表皮ヒアルロン酸産生促進
表皮のヒアルロン酸産生を促進する作用です。
ヒアルロン酸は、真皮に多く存在し、コラーゲンとエラスチンの網目構造の隙間を埋めています。真皮の線維芽細胞のほか、表皮細胞でも作られます。
⑧セラミド保護
セラミドを保護する作用です。
セラミドは、角質層にある細胞間脂質という脂質の約40~65%を占めています。乾燥や外部からの異物などから皮膚を守るバリアとしての機能があります。
⑨セラミド産生促進
セラミド産生を促進させる作用です。
⑩メディエーター抑制(表皮細胞)
表皮細胞からのメディエーター(伝達物質)を抑えます。主な表皮細胞からの伝達物質は、IL-1(インターロイキン1)、アラキドン酸、エンドセリンなどがあります。
⑪メディエーター抑制(肥満細胞)
肥満細胞からのメディエーター(伝達物質)を抑えます。主な肥満細胞からの伝達物質は、ヒスタミン、プロスタグランジンなどがあります。肥満細胞は、マスト細胞とも呼ばれ、炎症や免疫反応などの生体防御機構に重要な役割を持ちます。
 
 
   


ヒメフウロエキス

⑪ かゆみや炎症の要因・トリプターゼを阻害

himehuuro2
   
 ヒメフウロエキスはフウロソウ科フウロソウ属のヒメフウロ(姫風露)の全草から得られたエキスです。
フウロソウ属は温帯を中心に全世界に約300種、日本に12種が分布し、日本で代表的なものはゲンノショウコで、ゲンノショウコのことをフウロソウと呼ぶこともあります。

ヒ メフウロは高さ20-40cmくらいで分岐が多く、茎も葉もせん毛に覆われ、通常薄緑色ですが次第に赤くなります。独特のにおいがあり、そのにおいから塩 焼草(しおやきそう)ともよばれています。全草を薬用部分とし、猫脚印(びょうきゃくいん)とも呼ばれ、収れん作用や弱い利尿作用、止血、粘液分泌抑制、 治癒促進作用が知られています。
 
   



サガラメエキス

①、②、⑨ 保湿に重要な因子・フィラグリンとセラミドをWに生み出す

sagarame
   
 
伊勢志摩の特産品として知られ、伊勢神宮に奉納されているとされるサガラメ。学名はアイセニア、一般的にはアラメとも呼ばれています。

皮膚の潤いには、水分・脂質・NMFのバランスが重要です。
サガラメエキスには、細胞間脂質の主成分である"セラミド"と、天然保湿因子(NMF)の元となる"フィラグリン"を同時に増やすWの保湿作用が知られています。


 
  



サクラ葉エキス(ソメイヨシノ葉エキス)

⑥、⑪ 優れた抗炎症作用で赤み(発赤)やかゆみを防ぐ

sakura

さくらの葉
   
 桜は菊と共に日本の国花に選ばれており、「花といえば桜」と言われるほど、古くから日本人に親しまれ、日本を代表する花として世界中で知られています。

桜 の歴史は古く、平安時代以前から山桜を鑑賞していたとされています。持統天皇が花見のために桜の名所である吉野山を訪れたことが日本書紀に記載され、ま た、日本最古の史書である古事記にも桜に関する記述を見ることができます。花見の習慣は平安時代に野生の桜を都に移して鑑賞したことや、御所内に桜を植 え、宴を催したことが始まりと考えられています。その後、江戸時代までには貴族から武士や庶民へ、都から地方へと広まっていきました。

江戸時代後期には品種改良により多くの桜が生まれ、今では桜の代名詞となったソメイヨシノもこの頃に誕生しました。ソメイヨシノは元々吉野桜という名でした が、奈良の吉野山に咲く山桜と区別するために、植栽が始められた染井村の地名を加え、染井吉野と呼ばれるようになりまし
た。
 
  



メドウフォーム-δ-ラクトン

① ヘアカラーなどの薬剤による皮膚刺激を緩和

メドウフォーム
   
 

 
メドウフォーム種子油から作られる成分です。
メドウフォーム(学名:Limnanthes Alba)はカリフォルニアを中心とした北アメリカ温帯地域に生息し、春先に牧場を白い泡のような花で埋め尽くすことから、meadow foam(牧場の泡)と呼ばれています。メドウフォーム種子油は食用としても流通されており、不飽和脂肪酸が少ないため酸化されにくく、安定性の高いこと が知られています。

 
  



コンフリーエキス

⑥、⑪ かゆみや炎症の要因・ヒスタミン遊離を抑え、薬剤による皮膚炎を低減

コンフリー
   
 

 
ヨーロッパ原産で、日本には明治時代に渡来し、観賞用に栽培されていました。
葉をすりつぶしたものは、ヨーロッパでは古くから捻挫やうちみに効く民間の湿布薬として利用されていました。コンフリーの名前は「骨を接合する」という意味のコン・フィルマ(con firma)が転訛した言葉とされています。

葉は長楕円形、四方八方に広がり、茎や葉は全体に白色の短粗毛があります。花期は5~9月、茎の先端に白、紫、ピンクなどの鐘形花を下垂してつけます。
 
  



クララエキス

悪玉菌・黄色ブドウ球菌に対する抗菌作用

クララ
   
 

 
クララの根の ことを「苦参:クジン」と呼び、別名を「地槐:ジカイ」などと呼ぶことがあります。この呼び名は、槐(エンジュ):マメ科のSophora japonica L.と葉の形がよく似ていることから名付けられたものと言われています。また、民間では「マトリグサ:魔取草」とも呼ばれています。
日本、中国、韓国などにおいて採集され、日本では山地の草原、河川敷などでよく見かけます。
苦参は解熱、利水、温補の薬物とされ、漢方に用いられてきた歴史があります。クララの根の汁はとても苦く、クララと呼ばれるようになったその語源は、根の苦 みは目が眩む程であるとの意味があり、昔は「眩草:クララクサ」と呼ばれていたことから、この名が付いたと言われています。

 
  



ポリグルタミン酸

納豆のネバネバが肌の保水力を引き出す

大豆1
   
 

 
ポリグルタミン酸は、納豆のネバネバ成分をバイオの手法を用いて作られた美容素材です。

潤いの種である「天然保湿因子(NMF)」を増やし、肌内部から皮膚本来の保水力を引き出し、向上させる効果が期待されます。