美容成分.comは化粧品業界に従事する方向けの情報サイトです。
  • 美容成分.com
  • 化粧品基礎知識
  • 売れ筋美容成分
  • 素材別美容成分
  • お悩み別美容成分
  • アイテム別美容成分
  • 原産地別美容成分
美容成分.comへの お問い合わせ  

成分一覧から調べる

気になる成分を選択してください
 
 
美容成分.comへの お問い合わせ
お悩み別美容成分

乾燥・保湿

aroebera3
   
 
肌の表面を覆っている角層の水分が失われると、肌の表面がパラパラとめくれ、白い粉をふいたような状態になってしまいます。これが乾燥による肌荒れです。
これを防止する保湿対策には、角質に水分を直接補給したり、肌からの水分蒸発を防ぐ皮脂を補ったり、角質細胞内にある天然保湿因子の産生を促進させたり、真皮の主成分であるヒアルロン酸やコラーゲンを補います。

 
   
 

美白・くすみ

pram2
   
 
紫外線や女性ホルモンの乱れ、ストレスなどにより、メラノサイトでメラニンが多量にできてしまい、それが皮膚のターンオーバーで角化細胞と一緒に排出されず、留まってしまうことでシミやくすみになります。
そこで肌を美白に保つためには、メラニンの生成を抑える成分を取り入れたり、表皮のターンオーバーを円滑にしてメラニンの皮膚外への排出を促す成分を取り入れたりする必要があります。



 
   
 

エイジングケア(シワ・たるみ)

ビルベリー
   
 
加齢に伴うと紫外線によるダメージを修復する能力が低下し、それによってコラーゲンの減少やエラスチンが変性、シワやたるみの原因となります。
加齢による老化を遅らせるためには、活性酸素の発生や作用を抑制し、酸化を防止するもの、肌のハリと弾力を保つコラーゲンやエラスチンの合成を促すもの、真皮の水分保持をおこなうヒアルロン酸の合成を促すもの、それらの分解酵素の活性を阻害するものなどがあります。

 
   
 

UVケア

ougon3
   
 
紫外線(UV)に長年肌をさらしていることで、紫外線そのものや紫外線によって発生する活性酸素が細胞を攻撃(酸化)、それに伴い本来の機能が働かなくなり、皮膚の老化現象が早く進むことを光老化といいます。
UVケアのためには、紫外線を吸収する成分や活性酸素を抑制する酵素と同様の作用を持つ成分、基底細胞を守る成分、コラーゲン、エラスチンなどを保護する成分、紫外線によるDNAの損傷を修復する成分などを取り入れると効果的です。

 
   

低刺激・敏感肌

sakura
   
 
皮膚に接触する化粧品や紫外線など、様々な刺激に対して敏感に反応するかぷれやすい肌のことを敏感肌といいます。
特に季節の変わり目や生理前などの体調の変化に伴い、一時的に敏感状態になることもあります。その際には、十分な保湿・保護対策や、乾燥対策、紫外線対策を行い、外部の刺激から肌を守る必要があります。


 
   

毛穴ケア

arti
   
 
毛穴が目立つ原因はいくつかありますが、近年になり着目されている点が3つあります。
1つ目は、皮脂腺で過剰な皮脂が作られ、毛穴の周りの角質が厚くなり、すり鉢状に毛穴が陥没して広がることです。
2つ目は、は毛穴の黒ずみ。これは、毛穴に詰まった過剰な皮脂が酸化して汚れが絡まったり、毛穴の内部でメラニンが作られてしまい、黒く見えてしまうものです。
そして3つ目の原因は、毛穴のたるみです。老化によって肌の弾力性が低下し、毛穴が重力に引っ張られ拡大してしまいます。


 
   
 

にきび(ニキビ)

niim
   
 
ニキビとは、単純にいうと皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすことですが、詰まった毛穴内でアクネ菌が増殖すると赤く腫れたりします。
これを防止するためには、皮脂の分泌を抑える成分や、アクネ菌の増殖を抑える抗菌成分、また炎症を抑える成分などを活用することが効果的といわれています。


 
   
 

角質ケア

seiyoushiro
   
 
ひじやかかとなどの角質は、本来は剥がれ落ちるべき表皮細胞がとどまってしまうと硬く厚く、ざらざらとした状態になってしまいます。
これを解消するためには、古くなった角質をやさしく取り除き、正常なターンオーバーを促す必要があります。