美容成分.comは化粧品業界に従事する方向けの情報サイトです。
  • 美容成分.com
  • 化粧品基礎知識
  • 売れ筋美容成分
  • 素材別美容成分
  • お悩み別美容成分
  • アイテム別美容成分
  • 原産地別美容成分
美容成分.comへの お問い合わせ  

成分一覧から調べる

気になる成分を選択してください
 
 
美容成分.comへの お問い合わせ
素材別美容成分

西洋ハーブの美容成分

キリスト教以前の古くからヨーロッパで薬草やスパイスとして知られてきた西洋ハーブ。
中世ヨーロッパを襲った黒死病(ペスト)の蔓延を食い止めたのもこのハーブといわれ、現在になってからの研究によると、全般にハーブ類には抗酸化力が高く、免疫力を増すといわれています。
化粧品原料としても、その高い抗酸化力が肌に効果をもたらします。
 

カミツレ

カミツレ紫外線の吸収作用や保湿作用を持つハーブ

カモミールは、キク科の一年草で、和名をカミツレといいます。
花にリンゴの果実に似た匂いがあるため、「カモミール」の語源「chamaemellon」(ギリシャ語で「大地のリンゴ」)とあります。

薬草として用いられ、健胃剤、発汗剤、消炎剤、婦人病などに効果があるといわれます。園芸療法の代表的なハーブです。

化粧品原料としては、表皮細胞の源・TA-幹細胞の老化を抑制、元気な表皮細胞を生み出すことにより、これまでの細胞増殖から一歩進んだ、よりディープな肌老化に対する効果が期待できます。



ラベンダー

ラベンダーおなじみの紫色のハーブ

ラベンダーは
シソ科の常緑樹で、たいへん古くから人々の生活に関わってきたハーブの一つです。古代ギリシャ・ローマ時代にまでその歴史はさかのぼるとも言われ、香料として用いてリラックス気分を味わったり、薬用、食用、防腐剤などさまざまに利用されてきました。

ラベンダーには鎮痛や精神安定、防虫、殺菌などに効果があるといわれ、化粧品原料では、抗炎症作用、抗菌作用、SOD様作用、美白作用など多くの有効性が報告されています。



ペパーミント

ペパーミントフケ菌に対する抗菌作用を持つ

ペパーミント(セイヨウハッカ)は、欧米では代表的なハーブとして有名な、シソ科ハッカ属の多年草です。ペパーミント(セイヨウハッカ)はヨーロッパ原産で、ヨーロッパ、アメリカをはじめ、世界の多くの地域で栽培されています。

ペパーミント(セイヨウハッカ)は、お菓子やハーブティーに用いられます。特異な芳香を有するため、菓子や歯磨きの着香としても用いられてきました。
生命力が非常に強い植物で、雑草以上と言われています。

化粧品原料として、フケ菌に対する抗菌作用が報告されています。


レモングラス

lemonglass脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化

レモングラスは、インド原産で、熱帯から亜熱帯で栽培される高さ1~1.5mのススキに似た多年草です。葉や茎にレモンに似た香りがあることから「レモングラス」と名付けられました。

東南アジアの料理には欠かせない重要なハーブで、タイ料理のスープ「トムヤンクン」に使われることで有名です。 化粧品の原料として、抗炎症作用を始め、ニキビ菌、フケ菌に対する抗菌作用、SOD様作用、リパーゼ(脂質分解酵素)活性化作用が報告されています。


セージ

セージハーブティーで知られる薬草、化粧品原料としても効果あり

セージは、地中海が原産の多年草で、葉を乾燥させハーブティーとして飲用として利用します。
また、抗酸化作用が強く、ヨーロッパでは古代ローマ時代より免疫を助ける薬草として使われていたといわれます。
化粧品原料として、育毛、抗炎症、抗酸化、収斂(引きしめ)など多くの作用が報告されています。


オランダカラシ

オランダからしサラダでおなじみのクレソン

オランダカラシは、ヨーロッパが原産で、日本では、フランス名の「クレソン」で呼ばれます。
もともとは薬用植物で、消化、利尿、解熱薬として用いられます。




タイム

タイム薬草の収斂作用で引き締まったお肌に

 タイムは、和名をタチジャコウソウといい、古くから薬草として使用されていました。
消炎、殺菌、防腐作用があり、風邪にも効果があるといわれています。

また、脂肪の多い食べ物の消化促進効果もあるといわれます。

化粧品原料として収斂作用があると報告されています。
 

ローズマリー

ローズマリー香辛料としても名高いローズマリーは抗酸化作用を持つ

ローズマリーは、和名をマンネンロウといい、生葉もしくは乾燥葉を香辛料として用います。属名Rosmarinusは、「海のしずく」を意味し、ローズマリーは、愛や貞操の象徴とされています。
ローズマリーにはポリフェノールのひとつ「ロズマリン酸」が含まれており、強い抗酸化作用があるといわれます。
化粧品原料としても、抗炎症作用、抗菌作用、そしてSOD様作用が報告されています。