美容成分.comは化粧品業界に従事する方向けの情報サイトです。
  • 美容成分.com
  • 化粧品基礎知識
  • 売れ筋美容成分
  • 素材別美容成分
  • お悩み別美容成分
  • アイテム別美容成分
  • 原産地別美容成分
美容成分.comへの お問い合わせ  

成分一覧から調べる

気になる成分を選択してください
 
 
美容成分.comへの お問い合わせ
お悩み別美容成分

育毛に効果的な美容成分

   
 男性型脱毛が起こるのは、体内の細胞内で5α-リダクターゼの働きによって、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンへ転換され、これが、男性ホルモンレセプターと結合することで毛の発育をつかさどる毛乳頭に悪影響を及ぼし、毛髪の成長を阻害するためです。
そのため、脱毛を防止するためには、男性ホルモンを抑制する成分を活用すると同時に、毛乳頭細胞や真皮細胞、表皮細胞を活性化させ、育毛を促進する成分を活用することが効果的です。
 
   

脱毛のメカニズム脱毛のメカニズム

   
 

脱毛のメカニズムとその対策

①毛乳頭細胞活性
毛乳頭細胞の活性を促進します。
毛乳頭は、毛包の中に存在し、毛の生成に関わっています。毛乳頭から栄養など受け取った毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、毛となります。また、毛乳頭の大きさと毛幹の太さには相関があり、毛乳頭細胞が増殖し、毛乳頭が大きくなると毛幹が太くなります。
②真皮細胞活性
真皮成分を作り出す線維芽細胞の活性を促進します。
③血流促進
血液の流れを促進させる作用です。
脱毛の原因のひとつに血液循環不良による毛包のエネルギー不足があり、血流を促進させることで、毛包のエネルギー不足を改善し、活力を与えるといった機序が考えられています。
④チロシナーゼ活性促進
チロシナーゼ(酵素)の活性を促進する作用です。
毛髪の色を決定するメラニンは、毛包のメラノサイトにおいてチロシナーゼなどにより合成され、毛幹へと取り込まれます。
⑤メディエーター抑制
ヒスタミンなどのメディエーター(伝達物質)を抑えます。
例えばヒスタミンが遊離することを抑える作用は、抗炎症や抗アレルギーの効果につながります。
⑥女性ホルモン様
女性ホルモンと似た働きをいいます。
⑦抗男性ホルモン
男性ホルモンの過剰な働きを抑えます。
男性型脱毛は、男性ホルモン(Androgen)が頭毛の毛包で作用し、薄毛や脱毛につながると言われています。抗男性ホルモン作用は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが毛包の毛乳頭細胞内で酵素(5α‐リダクターゼ)により、より強力な男性ホルモン作用を持つジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることを防ぎます。
⑧皮膚酵素活性化
皮膚酵素「ペルオキシターゼ」(peroxidase)の活性を促進します。
ペルオキシタ―ゼ(peroxidase)活性は、生体内において過酸化水素を分解・無毒化するとともに、生体物質の代謝で酸化を利用する反応や生合成を促進する働きがあります。毛髪においても毛髪メラニンの産生を始めとして、健康な毛の成育に関与しています。
⑨表皮細胞活性
表皮角化細胞(ケラチノサイト)の活性を促進する作用です。
⑩外毛根鞘細胞活性
外毛根鞘(もうこんしょう)細胞の活性を促進させる作用です。
外毛根鞘細胞は、毛球部付近で細胞分裂して作られ、毛髪の成育とともに上へと押し上げられていきます。
 
 
   


ジオウ

男性ホルモンを抑制し、血流を促進し、育毛を促す

ジオウ
   
 ジオウ(地黄)は、アカヤジオウの根であり、中国で自生していますが、薬草として栽培もされています。

ジオウは、漢方処方の中で重要な生薬であり、体に栄養を行き渡らせ、各器官を滋養するといわれています。慢性的な貧血による疲労や冷えに対する改善の報告があります。

ジオウエキスは、男性ホルモンの抑制作用、血流促進作用、ヒトモニターによる育毛作用の報告があります。
 
 
   

 

ボタンピ・エンメイソウ・ボダイジュ

毛髪の休止期を導く炎症性伝達物質を抑制する

エンメイソウ
エンメイソウ
 
   
 毛髪は、成長期から退行期、そして休止期を経て脱毛、発毛、そして成長期というヘアサイクルがあります。十分に成長していない髪が休止期に入ると、このヘアサイクルが乱れ、発毛と脱毛のバランスが崩れ、抜け毛が増加し薄毛となります。

休止期を導く炎症性伝達物質を抑制することで、ヘアサイクルを正常化することで、脱毛の原因のひとつを改善します。生薬エキスに炎症性伝達物質抑制作用があり、特にその作用が強いものが、ボタンエキス(牡丹の根皮)、ボダイジュエキス(菩提樹の花)、エンメイソウエキス(延命草の葉、茎)の混合植物エキスだと報告があります。

植物のひとつ、延命草は、昔、弘法大師が、旅人の腹痛をこの草の絞り汁で救ったことから、このように呼ばれるようになったと言い伝えがあります。
 
 
   



スエルチアニン

血流促進、抗男性ホルモン作用、育毛作用を持つ

センブリ
   
 センブリは、リンドウ科センブリ属の二年草で、九州から北海道までの日当たりのよい山野に自生し、薬草として利用されています。薬効は、胃腸虚弱、下痢、腹痛、脱毛など。

センブリエキスには、血流促進作用、抗男性ホルモン作用、育毛作用などが報告され、医薬部外品育毛剤の有効成分として扱われています。

センブリは、“千回煎じても、なお強い苦味がある”といわれるほど苦く、パーティー時の罰ゲームに使われるほどです。